事業内容

各種電子機器に用いられる電子部品・電装部品の加工から、実装・はんだ付け作業まですべて行っております。

  • 自動はんだ付け装置は鉛フリー対応
  • 手はんだは共晶・鉛フリー対応

近隣協力会社との連携により、手挿入電子部品だけでなく、表面実装にも対応しておりますので、プリント基板の組立・完成・検査までの生産体制をサポートさせていただきます。

生島製作所の設備

名称 メーカー 型式
自動はんだ付け装置(鉛フリー) セイテック(株) TLC-350X5
スポットはんだ装置(鉛フリー) TECHNO DESIGN TOP-375
スポットはんだ装置(共晶) TECHNO DESIGN TOP-373
窒素発生装置 日本電熱計器 NDLA-4200
コンプレッサー MITSUI SEIKI Z15 6AS-R
コンプレッサー HITACHI PACK AGE BEBICON5.5
リードカッター 堀内電機 カットマン3100T
装着部品確認装置(Marantz) マランツエレクトロニクス(株) Model 22X
インサーキットテスタ(X-Y型) HIOKI 1114
インサーキットテスタ(プレス型) HIOKI 1105
卓上型ポイント噴流はんだ付け装置 タクロボ2 弘輝テック ULTIMA-STR2
卓上型スプレー装置(2流体)スプロボ 弘輝テック ULTIMA-SSP

ごあいさつ

私は半世紀にわたり製造業に携わってまいりましたが、常に「誠意をもってお客様に接する」こと を信条として行動してまいりました。今後もこの意志を貫いていきたいと思います。
新しいものへの挑戦!何事にも前向き思考で充実した日々を送りたい。
小さくても良いから「きらり」と光る企業を目指したい。

有限会社 生島製作所
代表取締役 生島 長宏

経営理念

  1. 社会情勢を柔軟かつ迅速に分析し、調査・研究することにより指針を決定する。
  2. お客様の要望にお応えするために、クリーンで安全な製品・サービスを提供することをお約束する。
  3. 環境に調和した企業活動を通じて、環境負荷の低減、豊かな地球環境の実現に貢献する。
  4. 変化を先取りし、自らの変革に努め、終わりなき成長を目指して挑戦し続ける。
  5. 人を育て活かし、個々の人間力を集結させ、まごころを尽くした“ものづくり”に誠実に取り組む。

会社概要

社名 有限会社 生島製作所
代表者 代表取締役 生島 長宏
所在地 長野県上田市浦野372-1
連絡先 TEL 0268-31-3566
FAX 0268-31-3577
E-mail info@ojima.co.jp
業種 電子機器組立て
創業年 1975年(昭和50年)
資本金 300万円
従業員数 25名(2021年6月1日現在)
主要納入先 山洋電気株式会社、日置電機株式会社、上田日本無線株式会社
取引銀行 八十二銀行 三好町支店
上田信用金庫 川西支店
三井住友銀行 上田支店
長野県信用組合 上田原支店

会社沿革

  • 昭和50年 (1975年) 
    生島製作所を創立
  • 昭和52年 (1977年) 
    山洋電気株式会社と取引開始
  • 昭和59年 (1984年) 
    有限会社生島製作所に社名を変更
  • 昭和59年 (1984年) 
    株式会社堀内電機製作所と取引開始
  • 平成16年 (2004年) 
    日置電機株式会社と取引開始
  • 平成19年 (2007年) 
    窒素ガス発生装置 導入
  • 平成22年 (2010年) 
    上田日本無線株式会社と取引開始
  • 平成24年 (2012年) 
    装着部品確認装置(Marantz)導入
  • 平成27年 (2015年) 
    有限会社和晃と取引開始
  • 平成28年 (2016年) 
    卓上型ポイント噴流はんだ付け装置 タクロボ2 導入
  • 令和02年 (2020年) 
    鉛フリー対応 ダブルウェーブはんだ槽搭載自動はんだ付け装置 導入〔2機目(二代目)〕